お茶の歴史

探索隊シリーズお茶の歴史

中国から古く伝わるお茶

日本古来から伝わるお茶の文化
お茶は世界中で愛されていますが、日本人ほどお茶にこだわる国民はいないと思われます
中でも、茶道で有名な千利休は、世界的でも知られる茶道の名人です

 

実はお茶の歴史というのは、不明な部分も多いのです
まず、いつから伝わったのか?
中国から由来しているとは聞きますが、正直なところ、どの時代から日本人がお茶を飲むようになったのかは正確には書記に残されていないためわかりません

 

最も古い記録であれば、平安時代まで遡ります
西暦806年に、唐へ渡った空海が、お茶の種を持ち帰り、日本人に栽培方法などを伝えたとされます
さらに、平安京の人が、お茶を嗜んでいたことについては、いくつもの文献が見つかっていますので、ほぼ間違いないといっても良いでしょう
ところが、知られていないことですが、お茶の歴史は一度ここで終焉を迎えます

 

遣唐使を送ることを時の政権がやめたため、お茶自体の文化も廃れていくのでした
その後鎌倉幕府が出来る直前まで、お茶に関しては、特に飲まれたという書物が残っていません
西暦1191年に、栄西が種子を持ち帰り、再度広めたとされます

 

その後、日本文化として愛されるようになってきました
今では誰でも手軽に飲めるお茶ですが、江戸時代では、かなり高価なものとされています
まだまだ庶民の手の届くものではありませんでした

 

武家や、幕府の人などが、嗜むものだったのです
しかも、武士道とお茶は大変強い相関だといわれています
勘違いされる方も多いのですが、武士道が茶道を生んだのであり、茶道を武士が好んだのではありません

 

室町時代に織田信長によって、茶道を完成するように命じられた茶の達人達が、作り上げたのですが、そこには大きな力関係があったといえるでしょう
つまり、武士が命じて作ったものが茶道なのです
お茶を飲むことは、武士道とは関係ありません

 

茶道のような礼節が武士とマッチングしているということです
そして現在便秘茶のような病気を改善させるようなものまで出ています
参照URL)http://tamargo.info/

 

それぞれの状態に適合した繊維質を摂取することは不可能です
だから、配合された便秘茶が便秘には有効なのです

 

便秘茶であれば、楽天でもアマゾンでも売られているものであれば何でもいい
便秘は単純ではないのです

 

つまり、お茶の成分に食物繊維が含まれているということです
まさにお茶は現代社会でも愛されているといった証拠ではないでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る